第33回テニス日本リーグ 1st ステージ Day2

前回に続き、日本リーグ2日目、ノア・インドアステージ様との対戦についてご報告したいと思います。
チームの結果は0-3。私は初戦に続き、シングルス1として出場しました。

私のシングルス1の結果は3-6、2-6でした。率直に、相手はやっぱりプロだ!うまいなと感じてしまいました。40-0からも簡単にゲームを取らせてもらえない。
小さいようでとっても大きな差がよくわかった試合でした。
良いゲームが出来ているように見えても、プロとの差が出てしまった試合でした。

小さいようで大きなというのは、言葉で表すのが難しいのですが、「逃げない」ということ。
「逃げない」というより、「真っ向勝負」ですね!!!

それは毎日練習している、世界を目指して戦っている、という自信からくるものかなと思います。
それがサーブでも、ラリーでも球を受けている人が一番感じられると思います。
ラリー戦になっても、なんだか勝てる気がしないんです。
(もちろん試合中はなんとか相手の隙はないか!勝負できるポイントはないか!と一生懸命考えましたが…)

プロってテニスで食べていく、食べていきたいという覚悟のような意地のような強さがあるから簡単にはポイントを取らせてくれないです。
自分がプロの時にも少しはそういう強さを見せれたかな… と思わず振り返ってしまいました。
プロを引退して、プロと対戦してみて、プロの強さをひしひしと感じました!
でもなんとかしてもう少しゲーム取りたかったなぁ。

試合後にはしっかり反省して、次の日に向けて、チームメイトとしっかり練習をし一日を終えました。
次のブログでは3日目の三菱UFJ銀行様との試合について書きたいと思います。

関連記事

  1. ブレグランス 茗荷谷レッスン

  2. 私とコーヒーの関係②

  3. ブレグランス テニス講座 夏休みテニスイベント参加報告第2弾

  4. ジュンレオテニスドームかしわ台 11周年感謝祭に参加しました!

  5. ブレグランス テニス講座 夏休みテニスイベント参加報告第3弾 用賀レッスン編

  6. トムインドアテニス秦野校プレオープンイベント参加報告