第33回テニス日本リーグ 2nd ステージ Day1

1月19日、20日の二日間、横浜国際プールにて日本リーグのセカンドステージが開催されました。
セカンドステージではテニスユニバース様と明治安田生命様と対戦させていただきました。


まずは、初日のテニスユニバース様との対戦についてレポートします。

チームの結果は0-3。
私はシングルス1に出場して、2-6、4-6で負けてしまいました。

対戦相手はアマチュアの15歳の頃から、現役時代にも何度も何度も対戦した川崎光美選手!
本当に何度も対戦したり練習しすぎていて、お互いにお互いのことを知り尽くしているのではないでしょうか!
一度は日本から遠く離れたトルコでも試合をしました!笑

現役時代、一度も負けたことがなかったので、負けたときは本当に悔しかったです。
でも、彼女は今も現役でツアーを回ってずっとずっと頑張っている選手なので、実力通りの結果だったと思います。
最後サービスダッシュで決められた時には、
「本当に今日すごい覚悟決めてきたな!完全に負けた!」と感じました。 (本人にも伝えましたが、光美さんのサービスダッシュを見たのは約10年の中で初めてです!笑)

一緒にダブルスを組んだこともあります。

何年も選手を続けることって本当に大変なことです。
怪我をしない身体のコンディショニングやフィジカル強化、そして一番大切なメンタル面きちんと整えていないとこれだけ長く選手を続けられないと思います。 川崎選手本当にすごいな~。

テニスユニバース様との対戦では、シングルス2の試合は大接戦で緊張感ある試合でした。


ダブルスも素晴らしいチームプレーでした。全日本で結果を残している選手相手にセカンドセットはタイブレークまでいって、本当に良い試合でした。

今は、世界でもロジャー・フェデラー選手やラファエル・ナダル選手、セレナ・ウィリアムス選手をはじめとして、30代になってもトップで活躍する選手が増えてきています。
道具やトレーニング法の進化によって、長く現役を続けられる時代になってきました。同じキヤノンのチームメイトも5人中3人が30代以上です。 テニスは生涯スポーツですので、自分がいちばん楽しめる方法で長くテニスを楽しめられたら幸せですよね。

私は早くに現役を引退したので、これからはコーチングやイベントオーガナイザーとしてそのお手伝いをしていきたいと思います!

次回のブログでは、セカンドステージ2日目、明治安田生命様との対戦についてレポートしたいと思います。

関連記事

  1. 第32回全国実業団対抗テニストーナメント準優勝! 広島 Report 3

  2. 第33回テニス日本リーグ 1st ステージ Day2

  3. ブレグランス 茗荷谷レッスンに再び参加しました。 

  4. ブレグランス テニス講座 夏休みテニスイベント参加報告

  5. 青葉台ローンテニススクール レッスン体験会

  6. 第32回全国実業団対抗テニストーナメント準優勝! 広島 Report 2